キーワードimage01

東京近郊の候補をあげるなら「ワンナップ」

no_image

東京などの都市近郊で不用品回収の業者を探している人が数多くいます。 需要にともなって、供給の方の不用品回収業者もかなりの

不用品を出す時の注意

no_image

行政においても、不用品回収を行ってくれます。 搬出作業などはしてくれませんが、比較的に低価格で利用できますので便利ですよ

リサイクルショップを利用する

no_image

不用品回収と聞くと、専門業者に連絡をしてきてもらうというイメージがありますよね。 もちろん、専門業者も沢山あります。 し

不用品を出す時の注意

行政においても、不用品回収を行ってくれます。
搬出作業などはしてくれませんが、比較的に低価格で利用できますので便利ですよね。
指定のごみ捨て場に出すことであとは回収してくれますから、立ち会う必要もありません。
それもまた忙しい方には便利なのではないでしょうか。
ここで、出す時のポイントについていくつかお話しておきたいと思います。
先ず、不用品は「当日」に出すこと。
ついつい前の日に出してしまいたいと考えてしまうかもしれません。
しかし万が一、不用品を持っていかれてしまうというケースを考えて「当日」に出すようにしましょう。
これは、申し込みの際に言われることかと思います。
また、1つにまとめる必要があるものはまとめておくこと。
ブラインドなど作業中に広がってしまう可能性があるものなどは1つにまとめておくと良いでしょう。
梱包紐などで固定をしても良いですし、ガムテープ固定でも構いません。
組み立て式ベッドなどにおいても、広がらないように一部固定をしておくと良いでしょう。
もちろん、自分でまとめ切れないようなものであれば行う必要はありません。
次に名前が見えやすい状態で置いておくこと。
作業の効率化のためにも分かりやすい形で置くようにしてください。
このことに関しても、事前に電話で話されることかと思います。
名前はフルネームで。
確認をしながらの作業となりますので、シールに記載する名前はフルネームで書きましょう。
その時、申し込みの際に伝えた方のお名前を書くようにしてください。
雨などで名前が消えてしまわないように油性ペンで書くようにしましょう。
貼り付けられないもの・シールがはがれてしまう素材の不用品である場合、シールそのものを「挟む」「ガムテープなどでシールを固定する」というスタンスでも構いません。
はがれない状態で出すようにしましょう。
このように幾つかのポイントがありますが、どれも難しい作業ではありませんので覚えておくと良いでしょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2014 自転車を不用品回収に出す方法 All Rights Reserved.